maniga.me
kindleの新刊チェックができます。

ちはやふる

ちはやふる
徳 : 300 神 : @masakiMatsumoto 著者 : 末次由紀
出版社 : 講談社
未完
9人が読んだ 読んだ

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早(ちはや)。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。おとなしくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!

@adamweglobal が、 1 徳積みました。 @ohyokg1 が、 100 徳積みました。 @masakiMatsumoto が、 100 徳積みました。
twitterにも
masakiMatsumoto 詳細 あー面白い。本当に面白い。
登場人物それぞれの思いがちゃんと描かれてる。
大人でも共感できるポイントたくさんあるなー。
#35

rier 詳細 百人一首なんてと思っていた私が、あと20年若かったら始めたのに!と思うくらい百人一首にかける情熱を感じる作品。主人公が始まりはべたな感じだが、自分の才能に気づき周りに感化され一気にのめりこんでいくさまは、読んでいてすがすがしく共感を覚えることができた。

mom 詳細 映画でちはやふるをやることになってから初めてこんな漫画があったことを知りました。漫画の趣旨とは関係ないかもしれないけど、個人的に主人公の千早ちゃん好きです。小学生でよくあるいじめは周りが見て見ぬふりをするのがほとんどですが、千早ちゃんは男気勝りで負けないところがかっこいいなと思いました。この漫画、結構ハマります。

mom 詳細 映画でちはやふるをやることになってから初めてこんな漫画があったことを知りました。漫画の趣旨とは関係ないかもしれないけど、個人的に主人公の千早ちゃん好きです。小学生でよくあるいじめは周りが見て見ぬふりをするのがほとんどですが、千早ちゃんは男気勝りで負けないところがかっこいいなと思いました。この漫画、結構ハマります。

masakiMatsumoto 詳細 ついに直接対決!
#31

masakiMatsumoto 詳細 “青春ぜんぶ懸けたって強くなれない”?
懸けてから言いなさい
原田先生がカッコよすぎる。

masakiMatsumoto 詳細 本当に最高すぎて何も言えない。
後輩が泣かせてくれる。
#30

star19778 詳細 遊びとして楽しむ「百人一首」とは違い、競技として「百人一首」を描いている所が魅力のです。特に、物凄い速さで「百人一首」の札を撮っていくスピード感を、絵でうまく表現している所が魅力的なのと、チームで日本一なるという友情に重点が置かれているのも良いと思いました

rabetya 詳細 絵が綺麗で読みやすいです。登場人物もみな個性的で面白いです。主人公の千早はとても綺麗なのにどんかんで超がつくほどのカルタバカなところが大好きです。 幼なじみの新や太一との恋仲も、どう発展してくか楽しみです。

masakiMatsumoto 詳細 チームって何?ってのが今回のテーマなのかな。
毎回感動するなー。本当に面白い。
ヒョロくんが。少しだけカッコよかった。
#29

chien 詳細 百人一首を題材とした高校生(青春)漫画です。かるた部(競技かるた)に所属する綾瀬千早(あやせちはや)と真島太一(ましまたいち)そして、彼女らの幼なじみで別の高校へ通う綿谷 新(わたやあらた)が漫画の中心人物となっていますが、それ以外にかるた部員、他校のライバルなど多数登場。百人一首には全く興味がありませんでしたが、漫画を読み続けると、お気に入りの和歌を探したくなります。2016年に広瀬すずさん主演で映画化が決定しています

myroom 詳細 かるたが競技種目にあることも知らなかったけど、百人一首(歌)に対する背景や情景の解説などがセリフで入ってて、キャラの思いも一緒にあって美しいと思います。
少女漫画にある王道恋愛系じゃなくて、どちらかとスポコン系なので競技かるたのルールが分からなくても読めます。
学生のころ部活をしてたので、勝利を手にして皆で一緒に喜んだり悔しい思いをした事、急成長したかと思ったら突然スランプになってしまったりと共感できる所がたくさんありました。

itoman 詳細 主人公、千早は競技かるたが大好きな16歳。高校入学後、小学校の同級生、太一と再会し、かるた部を設立。かつてのかるた友達、新のことを胸にかるたの日本一であるクイーン位を目指していく。

かるた初心者でも読みやすいマンガです。作中でルールの説明や、かるたの基礎、練習の仕方などが説明されているので、登場人物とともにかるたを学んでいけます。
主人公たちは競技かるたという部活を通して育まれる友情、ライバル関係、努力することの大切さを学びます。そしてもちろん胸キュンな恋愛もあります。
かるたブームの火付け役となったこのマンガ、ぜひ読んでみてください。

masakiMatsumoto 詳細 原田先生が素敵すぎる。

ちはやふるの名セリフ

正々堂々とやって負けてかっこ悪いことあるか――!!


末次由紀の漫画

おすすめ漫画