maniga.me
kindleの新刊チェックができます。

アカギ

アカギ
徳 : 5 神 : @star19778 著者 : 福本伸行
出版社 : 竹書房
未完
2人が読んだ 読んだ

昭和33年、高度成長期真っ只中の時代。雨降りしきるある夜、とある雀荘でヤクザ相手に命がけの勝負を挑んでいた南郷は徐々に窮地に追い込まれていた。その時突然、ずぶぬれになった一人の少年が雀荘に入ってきた。少年にただならぬ気配を感じた南郷は、麻雀牌すら握ったことのない彼に代打ちをさせる。このときから伝説が始まった。少年の名は赤木しげる。のちに「神域の男」と呼ばれる男である。

@star19778 が、 3 徳積みました。 @star19778 が、 1 徳積みました。 @masakiMatsumoto が、 1 徳積みました。
twitterにも
star19778 詳細 普段は存在が薄い主人公・アカギですが、命を懸けた麻雀の勝負の世界になると水を得た魚のように生き生きとしていいく様子が、スリリングで面白いです。また、鷲巣麻雀のようなアップグレードした麻雀が登場するのも、数多くある麻雀漫画の中でも特殊でユニークな所だと思います。

アカギの名セリフ

麻雀に勝つには
その男の根っこ
「潜在意識」や「イド」とすりあうようにある
人間の最も原始的な思考の流れを
見定めなきゃいけない…


気持ちが押されているから軽々に勝ちへ走るっ…!
勝ちを急がなきゃ勝てた…
ほんの2〜3順我慢すれば勝てたのに…
何を恐れているんだか……


焼かれながらも……
人は…
そこに希望があればついてくる……!


そうたやすく…
恐怖心は消えない……
一度心が恐怖に侵食されると…
そうやすやすとその弱い意識流れから抜けられない……!


ククク…
意外に臆病だな…
鷲巣巌……!


福本伸行の漫画

おすすめ漫画